日本語トップページへ  
Japanese
jpn
English
eng
Espanol
esp
Portuguese
pt
Vietnamese
vi
Korean
kor
前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No,22へ

FAX NEWS


FAX NEWS No.21


発行責任者:谷 大二
2005年4月26日(火)発行

日本カトリック難民移住移動者委員会 2004年活動報告


 皆様のご協力により、委員会として下記の通り2004年度の活動を行うことが出来ました。 この紙面を借りまして、皆様に心から感謝申し上げると共に、ご報告申し上げます。また既に始まっております2005年度の活動につきましても、引き続きご協力、ご理解賜りますよう御願い申し上げます。


1.会議

・全国会議(年1回):04年7月6、7日 全国教区担当者、言語別司牧担当者との情報交換、交流。入管法問題、入管収容所問題などに関する勉強会を実施。


・入管収容所問題連絡会議(必要数):04年12月 大村(長崎)、茨木(大阪)、牛久(茨城)の入管収容所面会支援などを行う実務担当者会議。3収容所の情報交換、及び今後の支援策などを協議。


・ AOS-船員司牧-全国会議:(年1回):11月25、26日 苫小牧港および司牧センターの視察、船員との交流。また全国の船員司牧実務者の間による情報交換を行い、05年度の実務者連携方法、支援策などを協議。


2.研修会

・教会管区別研修会(年3回):5月【長崎教会管区】テーマ「国際結婚のカップル」。一般に広く講演会を実施。参加者数60名/6月【東京教会管区】支援実務者会議。今後の連携強化。参加者数15名/7月【大阪教会管区】テーマ「生の声を聴きながら」。支援者対象ワークショップの実施。参加者数80名。


・ 全国研修会(年1回):9月11、12日、浜松。 テーマ「ともにあゆもうCaminhemos Juntos」。分科会などを実施、全国から実務者および一般信徒が集い、各小教区や身の回りの社会、地域の問題ついてディスカッションを行う。※参加者の半数以上が外国人であり、準備段階から、多国籍のメンバーによって実施出来た。


3.難民移住移動者の日キャンペーン

 9月25日(日)バチカンの定める「世界難民移住移動者の日」に伴うキャンペーンの実施。テーマ「もう一つの世界は可能だ」。ポスター作成および、教皇メッセージ/委員長メッセージの6言語翻訳、発送。約2,000ヶ所、全国小教区、男女修道院本部、教区事務所、関係者への配布。

4.その他


難民関係

(1) インドシナ難民2世へのアンケート実施:インドシナ難民2世に関しての現状を調査。結果は1世の回答が多かった。しかし、見えてきたものは、日本語不理解、就職差別、永住/定住のビザ更新に関する問題意識などである。今回の調査では得られなかった2世の声を拾い上げるために、再度2世を対象にしたアンケートを05年度に実施する予定。上記に挙げられた問題に対し、具体的な支援策をベトナム人司牧担当者らと綿密に話し合いを持ち模索する。

(2) 条約難民支援:RCJや難キ連との関わりの中で、入管収容所での面会支援、仮放免後の生活支援、第三国定住希望者への渡航支援を各教区内支援者と協力して行い、各NGO団体との連携も密にした。また日本に3カ所存在する入管収容所センターで支援を行う委員会関係者を中心に「入管収容所問題連絡会議」を作り、各地の教会との連携を図った。

関連団体との連携:内閣府で行われた各省庁及びNGO意見交換会に出席し、難民のおかれている現状が好転するように働きかけを行う。また外務省主催の難民支援NGO情報交換会にも出席し、夫々のNGOの活動実績についての情報交換を行った。今後はRCJや難キ連のみならず、様々な支援団体と連携を図り、05年度もより包括的な難民支援となるよう努めたい。


移住者関係

(1) バチカンの「教皇庁移住移動者評議会」(議長/浜尾枢機卿)から35年ぶりに改定されて出された司牧指針「Erga Migrantes Caritas Christi」を翻訳し、中央協議会から邦題「移住者へのキリストの愛」として発刊した。

(2) 人身取引問題については被害者送出し国であるフィリピンの教会との連携を模索中。また、内閣府における、各省庁とNGOとの意見交換会に出席し、送出し国と受入れ国の教会相互の協力により、「被害者の保護」および「人権擁護」について具体的に提案することが出来た。今後はコロンビアの教会へのアピールの必要性も見えてきた。

(3) 外国籍市民への差別問題:日本社会で起こる外国人に対する差別について、他団体との連携の元に「外国人差別ウォッチネットワーック」を設立/参加している。国内で横行する外国人差別に対してのウォッチアウトや、関連法案に関する政府関係省庁との交渉、院内集会等を実施。またシンポジウムや「町中多言語調査」も開催および実施協力し、啓発活動に努めた。

04年度入管法の改正に関する、対策会議などへの参加、他団体との協力のもと、政府関係省庁との交渉などを実施した。


移動者関係

(1) 船員司牧分野に於ける、組織的で幅広い活動/支援を目指し、アメリカ、台湾で行われた国際会議へ出席。

(2) 教皇庁・移住移動者司牧評議会主催の「世界旅行者司牧国際会議(タイ、バンコク)」へ出席。


教皇庁 移住・移動者司牧評議会 指針  

浜尾文郎 枢機卿 「移住者へのキリストの愛」発行されました

 発行日:2005年4月11/日本カトリック司教協議会認可/日本カトリック難民移住移動者委員会訳 発行:カトリック中央協議会/定価:1,260円(本体1,200+税)B6判並製・152ページ ※お求めはお近くのカトリック関係書店か、カトリック中央協議会(TEL:03-5632-4411)まで ※多言語訳(スペイン、ポルトガル、フランス、イタリア、オランダ、英語)をお求めの方はバチカンホームページ



* このFAXニュースは、全国の関係団体・個人約1000ヶ所に、ファックスにて一斉配信しています。申込をご希望の方、また発送不要な方は、お手数ですが右記連絡先までご一報下さい。
* ご意見・ご提案などお待ちしています。
日本カトリック 難民移住移動者委員会
〒135-8585東京都江東区潮見2-10-10
Tel:03-5632-4441 Fax:03-5632-7920


前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No,22へ
お問合せ : jcarm@cbcj.catholic.jp
Copyright 2005 J-CARM