日本語トップページへ  
Japanese
jpn
English
eng
Espanol
esp
Portuguese
pt
Vietnamese
vi
Korean
kor
前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No.47

FAX NEWS

 

FAX NEWS No.78

               発行責任者:松浦 悟郎 2011年4月16日(土)発行

 闇に光を! (復活祭委員長メッセージ)


 3月11日、想像を絶する大地震と津波が 東日本を襲いました。それから毎日のように報道される被害状況の中で、「やはり!」と思わされるニュースがありました。それは、目の見えない女性が地震の混乱の中、たった一人残されてしまったというものです。後から助けられたから良かったものの、彼女が言うには「地震後、気がついたら、もう誰もいなかった」とのことでした。 阪神大震災の時も、同じように目が見えない、耳が聞こえないというハンディがあるために情報から取り残され、それ故に、危険な目にあっている方が多くおられました。

  情報から取り残されるというのは、もっとも不安で危険が及ぶことです。その意味では、外国人にとっても先の例のように、取り残されてしまう可能性がとても高いのです。実際、今回の地震直後に、東北地方に住むアフガニスタン人とベトナム人から大阪のスタッフに電話がありました。 特に原発事故による放射能汚染について正しい情報がまったく分からず、恐怖だけが先に立ち、 「どんなことでもいいから分かることを教えてほしい」ということでした。それでも、その二人は尋ねる相手がいたということは、まだ良かったのかもしれません。こういう時にこそ、誰かが 一緒に行動してくれること、困っている人に気がついてかけよって来る人がいるということがどれほど大切で有難いことでしょうか。事が起こった時に忘れられ、取り残されるということは、 日常からそういう状態に置かれていることを 物語っています。

 人は暗闇に置かれたとき、何らかの明かりを 求めます。困難なことに直面した人にとって、 その光は何よりも一緒にいてくれる人がいるということでしょう。自分は一人ではないと感じた時、不思議なことに生きる力が内から湧いてきます。復活祭の夜、暗闇の中でろうそくに火をともし、主が生きて共にいることを祝った私たちが、今度は特にいろいろな意味で取り残されている人たちと共に歩むことで、真の光を一緒に見いだすことができればと願います。
                           (委員長  松浦 悟郎)


J-CaRM 情報発信 32 


 東京教区
  東日本外国人被災者支援センター立ち上げ

 

 

 3月11日、東日本を襲った大地震は大きな 被害をもたらしました。東京教区では、被災した外国人支援のために、カトリック東京国際セン ター(CTIC 所長・大原猛師)内に支援センターを設置し、外国人被災者・避難者のための一時避難所の提供と緊急募金を呼びかけました。多くの教会、修道会が呼びかけに応えてくださり、 約260名分の一時避難所を確保、募金も集まりつつあります。

 震災直後、多くのフィリピン人が帰国のため、東京・六本木のフランシスコ会・チャペルセン ターに避難してきたため、支援センター機能をチャペルセンター内に移し、CTICスタッフや多くのボランティアが帰国手続きの準備、避難生活の 支援、心のケア等に取り組みました。

 帰国希望者の多くは無事に出国したため、3月31日をもって、チャペルセンターでの支援活動は終了し、その後はCTIC目黒事務所に拠点を 移し、活動を継続しています。今後は、難民移住移動者委員会(J-CaRM)と協力しながら、物資支援、ホットライン(フィルミス=フィリピン人宣教者の会のメンバーでサポート)、ボランティアマッチング(外国人ボランティアの受け入れ調整)等の活動を行っていく予定です。



                    

Fax News78PDF版


新刊紹介
『移住者と共に生きる教会』
   谷 大二司教 ほか・共著 
     
                    (女子パウロ会) 


 世界的な移住の現象のなか、日本にも外国からの移住者が急増している。移住者にとっても受け入れる側にとっても暮らしやすい社会はどうあったらよいのか?
 家庭・親子の問題、学校教育や労働問題などが抱える切実な現場の実情と、多文化共生に取り組むカトリック教会の対策と希望を、移住者からの生の声とともに簡潔に述べている。さまざまな国の人々といっしょに暮らす社会、日本人だけでは社会が成り立っていかなくなっている現在、国民一人ひとりが直面し生き方を見直すために助けとなる必読の書。
 是非お読みください。ご希望の方は送料実費でお送りいたしますので事務局までご連絡ください。

 本体価格1,100円+税(税込1,155円)   送料:2冊迄160円



* このFAXニュースは、全国の関係団体・個人など約1000ヶ所にファックスにて無料で一斉配信しています。申込みをご希望の方、発送不要な方、Fax番号の変更は右記事務局までご一報下さい。(登録無料)
難民、移住者、移動者のためにご支援をお願いいたします。
日本カトリック 難民移住移動者委員会
〒135-8585東京都江東区潮見2-10-10
Tel:03-5632-4441 Fax:03-5632-7920
E-mail, jcarm@cbcj.catholic.jp
郵便振込口座:00110-8-560351

前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No.47
お問合せ : jcarm@cbcj.catholic.jp
Copyright 2005 J-CARM