日本語トップページへ  
Japanese
jpn
English
eng
Espanol
esp
Portuguese
pt
Vietnamese
vi
Korean
kor
前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No.47

FAX NEWS

 

FAX NEWS No.80

               発行責任者:松浦 悟郎 2011年6月11日(土)発行

7月10日(日)「船員の日」 The day of Seafarers


 
  委員会メッセージ
       

 

 

 教皇庁移住・移動者司牧評議会は、毎年7月の第2日曜日を「船員の日」と定め、世界中の司牧者、信徒に船員たちのために祈るよう呼びかけています。

 今年、「船員の日」を迎えるにあたって、去る3月11日、東日本を襲った地震と それに続く津波、原発事故の出来事を振り返り、今一度、海で働く人たちに目を向け、祈りたいと思います。今回の津波は沿岸地域のあらゆるものをことごとく破壊し、海に引きずり込んでいきました。海で生活する漁師や船員たちは、生活の基盤である船を失い、しかも原発事故に よる放射性物質を海に捨てるという事態も重なり、これからどう生きていけばいいのか途方にくれています。

 私たちは今回の災害で、漁師に限らず、海で働く人たちの大変さを改めて思い 知りましたが、彼らは日常的にこうした災害や事故と隣り合わせで働いています。私たちの生活に必要な物資のほとんどは、漁業であれ、貿易であれ、港を介して届けられるものですが(日本の輸入の99.7%)、そこで働く彼らの仕事の重要さと大変さについてほとんど知らないというのが現状でしょう。

  遠洋漁業や輸出入に関わる漁師、船員たちは、一度海に出ると何ヶ月も家に 帰ることができません。揺れ続いている船の上が仕事の場であり生活の場となります。悪天候やさまざまな事故、時には 海賊の難、船上での病気など、陸上では想像できないほどの危険と苦労、ストレスがあります。こうした中で、訪れた港では唯一ほっとできる一時を持つことができるわけですが、最近は特にコンテナ船などの場合、経済的な理由から港に 長く留まることをせず、数時間の滞在ですぐ出航するというケースも多くなっています。

  皆さん、船員の立場に立って想像してみましょう。このような状況の中で、もし外国の港で誰かが待っていてくれたら、自分たちの存在と働きをしっかり覚えていて祈っていてくれる人がいたら、どれだけうれしいことでしょうか。船員たちの中には、港に停泊している間に少しでも教会に行って祈りたいというカトリック信者も少なくありません。

  船が入港した時、船員たちを友として暖かく迎えようと訪船活動をしている教会のメンバーたちがいます。皆さんは訪船することは難しくても、船員たちのために祈り、また彼らのために訪船している人たちの活動を献金などで支えて 下さるようにお願いします。そして機会があれば、ぜひ訪船活動に参加し、船員たちと出会って下されば幸いです。

                    日本カトリック難民移住移動者委員会
                    委員長 松浦 悟郎(大阪教区補佐司教)


                    

Fax News80PDF版


新刊紹介
『移住者と共に生きる教会』
   谷 大二司教 ほか・共著 
     
                    (女子パウロ会) 


 世界的な移住の現象のなか、日本にも外国からの移住者が急増している。移住者にとっても受け入れる側にとっても暮らしやすい社会はどうあったらよいのか?
 家庭・親子の問題、学校教育や労働問題などが抱える切実な現場の実情と、多文化共生に取り組むカトリック教会の対策と希望を、移住者からの生の声とともに簡潔に述べている。さまざまな国の人々といっしょに暮らす社会、日本人だけでは社会が成り立っていかなくなっている現在、国民一人ひとりが直面し生き方を見直すために助けとなる必読の書。
 是非お読みください。ご希望の方は送料実費でお送りいたしますので事務局までご連絡ください。

 本体価格1,100円+税(税込1,155円)   送料:2冊迄160円



* このFAXニュースは、全国の関係団体・個人など約1000ヶ所にファックスにて無料で一斉配信しています。申込みをご希望の方、発送不要な方、Fax番号の変更は右記事務局までご一報下さい。(登録無料)
難民、移住者、移動者のためにご支援をお願いいたします。
日本カトリック 難民移住移動者委員会
〒135-8585東京都江東区潮見2-10-10
Tel:03-5632-4441 Fax:03-5632-7920
E-mail, jcarm@cbcj.catholic.jp
郵便振込口座:00110-8-560351

前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No.47
お問合せ : jcarm@cbcj.catholic.jp
Copyright 2005 J-CARM