日本語トップページへ  
Japanese
jpn
English
eng
Espanol
esp
Portuguese
pt
Vietnamese
vi
Korean
kor
前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No.47

FAX NEWS

 

FAX NEWS No.89

               発行責任者:松浦 悟郎 2012年5月26日(土)発行

 
  ご存知ですか?「改定入管法」
   7月から外国籍の方に関わる法律が大きく変わります。
       

 

 

 2009年に改定された入管法・入管特例法・住民基本台帳法による新しい在留 管理制度が今年の7月9日(月)から実施されます。この改定法実施に伴い、外国人登録法が廃止されます。

 この改定法は、在日外国人の権利保障を意図したものというよりも、外国人管理をさらに徹底するものとして懸念されています。

 また、法律の改定に伴い、法務省や自治体への届け出方法等が従来と異なることで混乱が出ることも予想されます。

 外国人司祭、修道者も含めて、日本で暮らす全ての外国籍の方が対応しなけれ ばならない改定入管法ですが、施行まであと数ヶ月しかないのに、当事者である外国籍住民に情報が十分行き渡っているとは言えません。自治体からの「仮住民票」の発送が始まったこともあり、問い合せが増え、関心が高まってきているのを感じます。

 難民移住移動者委員会では、入管法問題に詳しい講師陣を派遣し、「改定入管法学習会」を開催しています。新たな入管法・入管特例法・住民基本台帳法について外国籍住民の皆様に情報を届けることと、外国籍住民の人権侵害などについて考える機会になることを願い、企画しています。すでに、昨年10月から全国のカトリック教会などを会場として、数回の学習会を開催し、新しい管理制度の問題点を明らかにしてきました。この学習会は引き続き、6月も複数回にわたって、開催する予定です。

 今回は、特に宣教師・修道者のための説明会を企画しました。日本カトリック管区長協議会及び日本女子総長管区長会の共催をいただき、法務省入国管理局職員の方による「改定入管法」説明会を東京と大阪の2つの会場で開催します。

 皆様のご参加をお待ちしています。

 また、冊子『改定入管法Q&A』(移住労働者と連帯する前区ネットワーク・入管法対策会議、在留カードに異議あり!NGO実行委員会 編)も日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語など(頒価一冊100円)の 多言語版もありますので、ご希望される方は、委員会事務局までお知らせください。
               (TEL03-5632-4441  E-Mail:jcarm@cbcj.catholic.jp)


 

                    

Fax News89PDF版


新刊紹介
『移住者と共に生きる教会』
   谷 大二司教 ほか・共著 
     
                    (女子パウロ会) 


 世界的な移住の現象のなか、日本にも外国からの移住者が急増している。移住者にとっても受け入れる側にとっても暮らしやすい社会はどうあったらよいのか?
 家庭・親子の問題、学校教育や労働問題などが抱える切実な現場の実情と、多文化共生に取り組むカトリック教会の対策と希望を、移住者からの生の声とともに簡潔に述べている。さまざまな国の人々といっしょに暮らす社会、日本人だけでは社会が成り立っていかなくなっている現在、国民一人ひとりが直面し生き方を見直すために助けとなる必読の書。
 是非お読みください。ご希望の方は送料実費でお送りいたしますので事務局までご連絡ください。

 本体価格1,100円+税(税込1,155円)   送料:2冊迄160円



* このFAXニュースは、全国の関係団体・個人など約1000ヶ所にファックスにて無料で一斉配信しています。申込みをご希望の方、発送不要な方、Fax番号の変更は右記事務局までご一報下さい。(登録無料)
難民、移住者、移動者のためにご支援をお願いいたします。
日本カトリック 難民移住移動者委員会
〒135-8585東京都江東区潮見2-10-10
Tel:03-5632-4441 Fax:03-5632-7920
E-mail, jcarm@cbcj.catholic.jp
郵便振込口座:00110-8-560351

前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No.47
お問合せ : jcarm@cbcj.catholic.jp
Copyright 2005 J-CARM