日本語トップページへ  
Japanese
jpn
English
eng
Espanol
esp
Portuguese
pt
Vietnamese
vi
Korean
kor
前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No.47

FAX NEWS

 

FAX NEWS No.90

               発行責任者:松浦 悟郎 2012年7月7日(土)発行

7月8日(日)「船員の日」 The day of Seafarers


 
  委員会メッセージ『震災でつながった海の連帯』
       

 

 

  昨年の地震と津波から10か月が経った今年の1月、大船渡である出来事がありました。大船渡港に入ってきた米国の貨物船(M/V  Inca Maiden)には多くのフィリピン人船員がいましたが、その船には船員たちの使う水がなくて、大変困っていました。

 大船渡では震災で給水施設が壊れていて補給できない状態でしたが、船は次の  寄港地ロシアまで行かなければならず、少なくても30トンの水が必要だったのです。

  岩手県と大船渡市側は、水を供給できないと知った上で入港したのだからと対応してくれませ ん。この件でAOSに関わっているフィリピン人司祭のところに連絡が入り、彼はAOSから支援を行ったことのある「三陸とれたて市場」の漁師に相談しました。

  漁師たちは、対応しない県と市の態度を詫びながらもすぐ行動を起こし、25トンもの生活のための水を小さなトラックで、何と二日間もかけて運び続けたのです。乗組員たちは 「これでシャワーも浴びられる」と大喜びをしたということ です。

  水を運んだ漁師たちも、自分たちが震災の時に助けられたという思いもあり、同じ海で働く人 たちの困った姿を見過ごすことはできないと 駆けつけたのです。

  それぞれ困難な状況の中に置かれている者 同士ですが、それだからこそ共感し合い、つながっていったのでしょう。乗組員たちにとって、 どれほどうれしい水だったことでしょうか。 それも暖かい心がこもった水を。

  ふと耳にしたこの話も、私たちの知らないところで乗組員たちや漁師たちが毎日、いろいろな 苦労や困難と直面しながら働いていることを 改めて気づかせてくれた出来事だったと思います。

  そして、困難な中でもそれを他人事とは思わず駆け寄る仲間も多くいて、お互いに助け合って いることも知りました。私たちの多くは海で働いていませんが、実は海でつながっている仲間ではあるのです。

  すなわち、海の豊かさを漁師たちの働きを通して享受しているし、船員たちが運んでくる世界の物資によって生活が成り立っているからです。 その意味では、私たちの生活は海でつながっているのです。

  だからこそ、あの駆けつけてくれた漁師たちと同じように、彼らを仲間として、支援していきたいと思います。私たちにできることは、“暖かい心のこもった水”としての祈りや訪船活動、あるいは献金などによる支援です。

  「主よ、海で働く人々をいつも守り祝福してください。彼らが安全のうちに仕事を果たし、家族をはじめ、多くの人々とのつながりを日々深めていくことができますように」

    日本カトリック難民移住移動者委員会 委員長 松浦 悟郎(大阪教区補佐司教)

※難民移住移動者委員会では、今年の「船員の日」のメッセージ、ポスター、AOSニュースを全国の教会や修道会に送付しています。ご希望の方には、無料でお送りしていますので、事務局までご連絡ください。 教皇庁移住・移動者司牧評議会は、毎年7月の第2日曜日を「船員の日」と定め、世界中の司牧者、信徒に船員たちのために祈るよう呼びかけています。

 


                    

Fax News90PDF版


新刊紹介
『移住者と共に生きる教会』
   谷 大二司教 ほか・共著 
     
                    (女子パウロ会) 


 世界的な移住の現象のなか、日本にも外国からの移住者が急増している。移住者にとっても受け入れる側にとっても暮らしやすい社会はどうあったらよいのか?
 家庭・親子の問題、学校教育や労働問題などが抱える切実な現場の実情と、多文化共生に取り組むカトリック教会の対策と希望を、移住者からの生の声とともに簡潔に述べている。さまざまな国の人々といっしょに暮らす社会、日本人だけでは社会が成り立っていかなくなっている現在、国民一人ひとりが直面し生き方を見直すために助けとなる必読の書。
 是非お読みください。ご希望の方は送料実費でお送りいたしますので事務局までご連絡ください。

 本体価格1,100円+税(税込1,155円)   送料:2冊迄160円



* このFAXニュースは、全国の関係団体・個人など約1000ヶ所にファックスにて無料で一斉配信しています。申込みをご希望の方、発送不要な方、Fax番号の変更は右記事務局までご一報下さい。(登録無料)
難民、移住者、移動者のためにご支援をお願いいたします。
日本カトリック 難民移住移動者委員会
〒135-8585東京都江東区潮見2-10-10
Tel:03-5632-4441 Fax:03-5632-7920
E-mail, jcarm@cbcj.catholic.jp
郵便振込口座:00110-8-560351

前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No.47
お問合せ : jcarm@cbcj.catholic.jp
Copyright 2005 J-CARM