日本語トップページへ  
Japanese
jpn
English
eng
Espanol
esp
Portuguese
pt
Vietnamese
vi
Korean
kor
前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No.47

FAX NEWS

 

FAX NEWS No.91

               発行責任者:松浦 悟郎 2012年9月29日(土)発行

 
 
   2012年度 AOS船員司牧全国会議 in 東京
       

 

 

 9月3日(月)〜4日(火)、晴海近くの ホテルマリナーズコート東京で、「AOS 船員司牧全国会議」が開催されました。日本の各港で主に訪船活動をしている 24名が集まり、船員司牧の現状や課題を協議しました。

 今年のテーマは、「Stella Maris 海の星 〜私たちの新しい挑戦を見守ってください」です。

 一日目は、船員や東日本大震災で被災された方達への祈りで始まり、委員長の松浦悟郎司教が『苦しみ、悲嘆と宗教 〜3.11の大震災を目の当たりにして』と いう題目で話しました。

 続いて、伊勢三河湾の水先案内人をしている増島忠弘さんの講演がありました。北九州港で長い間、訪船活動をしてきたパリ外国宣教会のレヌー神父がまもなくフランスへ帰国することになったので、活動報告をしていただきました。それから、「日本の津波被災者のための船員司牧特別基金」により支援をさせていただいた三陸とれたて市場の代表・八木健太郎さんをお招きし、復興に向けて頑張っている『三陸の挑戦』についてお話しいただきました。

 二日目は、朝の祈りの後、AOS東アジア地区担当のロメオ神父から他のアジア 地区各港の現状報告があり、その他討議と分かち合いなどが行なわれ、レヌー 神父司式のミサで閉会し、その後、東京港見学を行いました。天気にも恵まれた2日間となりました。


 

                    

Fax News91PDF版


新刊紹介
『移住者と共に生きる教会』
   谷 大二司教 ほか・共著 
     
                    (女子パウロ会) 


 世界的な移住の現象のなか、日本にも外国からの移住者が急増している。移住者にとっても受け入れる側にとっても暮らしやすい社会はどうあったらよいのか?
 家庭・親子の問題、学校教育や労働問題などが抱える切実な現場の実情と、多文化共生に取り組むカトリック教会の対策と希望を、移住者からの生の声とともに簡潔に述べている。さまざまな国の人々といっしょに暮らす社会、日本人だけでは社会が成り立っていかなくなっている現在、国民一人ひとりが直面し生き方を見直すために助けとなる必読の書。
 是非お読みください。ご希望の方は送料実費でお送りいたしますので事務局までご連絡ください。

 本体価格1,100円+税(税込1,155円)   送料:2冊迄160円



* このFAXニュースは、全国の関係団体・個人など約1000ヶ所にファックスにて無料で一斉配信しています。申込みをご希望の方、発送不要な方、Fax番号の変更は右記事務局までご一報下さい。(登録無料)
難民、移住者、移動者のためにご支援をお願いいたします。
日本カトリック 難民移住移動者委員会
〒135-8585東京都江東区潮見2-10-10
Tel:03-5632-4441 Fax:03-5632-7920
E-mail, jcarm@cbcj.catholic.jp
郵便振込口座:00110-8-560351

前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No.47
お問合せ : jcarm@cbcj.catholic.jp
Copyright 2005 J-CARM