日本語トップページへ  
Japanese
jpn
English
eng
Espanol
esp
Portuguese
pt
Vietnamese
vi
Korean
kor
前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No.47

FAX NEWS

 

FAX NEWS No.98

               発行責任者:松浦 悟郎 2013年7月27日(土)発行

チャーター機によるフィリピン人の一斉送還に対する抗議声明


 
  『チャーター機による一斉送還に抗議します』
       

 

 

  7月6日、法務省入国管理局は、東日本入国管理センターに収容されていたフィリピン人75人を日本航空のチャーター機によって強制送還しました。

 日本のカトリック教会では、かねてから日本の出入国管理制度のあり方、被収容者に対する人権侵害、支援活動に対する対応などについて改善を申し入れてまいりました。今回の強制送還についても外国人の人権保護の観点から強く抗議します。

 収容所に収監されている外国人にはさまざまな事情があります。個々の 事情を省みることなく、また、十分な説明もなしに急いで送還したことには問題があるといわざるをえません。

 さらに、日本に家族や親族がある人々や、子どもたちも送還対象に含まれているとのことです。これらの人々に対する人道的配慮が十分であったかどうか、入国管理局に情報の開示を求めます。

 法に抵触する者であっても、人権は守られるべきです。とくに、情報から取り残され、社会保障も受けられない外国人の方々に対しては、隣人愛の 精神をもって接する配慮が必要です。

  日本人、外国人の区別なく人権が尊重される社会となることを強く望みます。

           
        2013年7月19日

       日本カトリック難民移住移動者委員会 委員長  松 浦 悟 郎








 


                    

Fax News98PDF版


新刊紹介
『移住者と共に生きる教会』
   谷 大二司教 ほか・共著 
     
                    (女子パウロ会) 


 世界的な移住の現象のなか、日本にも外国からの移住者が急増している。移住者にとっても受け入れる側にとっても暮らしやすい社会はどうあったらよいのか?
 家庭・親子の問題、学校教育や労働問題などが抱える切実な現場の実情と、多文化共生に取り組むカトリック教会の対策と希望を、移住者からの生の声とともに簡潔に述べている。さまざまな国の人々といっしょに暮らす社会、日本人だけでは社会が成り立っていかなくなっている現在、国民一人ひとりが直面し生き方を見直すために助けとなる必読の書。
 是非お読みください。ご希望の方は送料実費でお送りいたしますので事務局までご連絡ください。

 本体価格1,100円+税(税込1,155円)   送料:2冊迄160円



* このFAXニュースは、全国の関係団体・個人など約1000ヶ所にファックスにて無料で一斉配信しています。申込みをご希望の方、発送不要な方、Fax番号の変更は右記事務局までご一報下さい。(登録無料)
難民、移住者、移動者のためにご支援をお願いいたします。
日本カトリック 難民移住移動者委員会
〒135-8585東京都江東区潮見2-10-10
Tel:03-5632-4441 Fax:03-5632-7920
E-mail, jcarm@cbcj.catholic.jp
郵便振込口座:00110-8-560351

前画面に戻る FAX NEWS インデックスへ FAX NEWS No.47
お問合せ : jcarm@cbcj.catholic.jp
Copyright 2005 J-CARM