日本語トップページへ  
Japanese
jpn
English
eng
Espanol
esp
Portuguese
pt
Vietnamese
vi
Korean
kor
前画面に戻る

J-CaRM


日本カトリック難民移住移動者委員会とは?


1.正式名称

正式名称:

日本カトリック難民移住移動者委員会


英語正式名称:

Catholic Commission of Japan for Migrants, Refugees and People on the Move


正式略称:

J-CaRM ※J-CaRMの頭文字は以下の通りです


・J=Japan

・Ca=Catholic

・R=Refugees

・M=Migrants


2.組織および運営

 本委員会は日本司教協議会の社会司教委員会内にある委員会であり、委員長、秘書、難民・移住者・移動者に関わる16教区担当者、及び分野別司牧担当者からなる。具体的な運営は、それら担当者より選出される委員により行われ、年に4回行われる「定例委員会」によって取組むべき課題が決定される。また活動資金は、(宗)カトリック中央協議会一般会計より拠出される。


3.活動目的

 民族的排他主義が根強い日本社会で、多くの難民・移住者・移動者の人権や”いのち”の尊厳が侵害されている。本委員会は福音に基づき、多民族・多国籍・多文化共生社会をめざし、すべての人が神の子として、平等で基本的人権が尊重され、相互の文化・民族性を尊敬し、ともに兄弟・姉妹として生きることのできる社会の実現のために働く。そのために難民・移住者・移動者に対する各教区の司牧活動に恊働する。


4.具体的な活動 
  1. 各教区、各地域で行っている難民・移住者・移動者に関して、全国レベルで取り扱わねばならない課題を検討し、それに対応する(全国研修会、フォローアップセッション等)。
  2. 各教区、各地域で行っている難民・移住者・移動者の司牧関係者と連帯し、必要な情報収集・伝達、相互間の協力支援を行う。
  3. 難民・移住者・移動者の司牧に関して、緊急で人道上の問題が起こった場合に対応を協議する。
  4. 難民・移住者・移動者に関して、調査、研究、政府関係諸庁への要望書の提出等を行う。
  5. 難民・移住者・移動者に関わるエキュメニカルな団体及びNGOなどの諸団体との連携を推進する。
  6. アジア・南米などの送り出し国との連携、並びに国際会議への代表選出を行う。
  7. 難民・移住者・移動者の司牧に関して、教皇庁移住・移動者司牧評議会及び司教協議会から諮問された事項に取り組む。また、日本での難民・移住者・移動者の司牧に関して、教皇庁移住移動者司牧評議会や司教協議会に、必要に応じ状況を報告し、検討課題を具申する。
  8. 教皇庁移住移動者司牧評議会にある諸部門で、日本でも必要とされる関連事項に対応する。

このページのTOPへ


5.組織の変遷

1960年 「日本司教団 移民委員会」及び「(財)日本カトリック移住協議会」の事務局として設立。日本政府による南米などへの移住政策に対する支援を行う。


1970年 教皇パウロ6世が「移住・移動者司牧評議会」を設立。同時に「世界難民移住移動者の日」ができる。


1972年 「『移住の日の献金』に関する日本司教団決定」によって、現在の「カトリック世界難民移住移動者の日」ができる。


1983年 「日本司教団 移民委員会」から「日本カトリック国際協力委員会 滞日アジア人女性を支える会」へ改称


1988年 「日本カトリック国際協力委員会 滞日外国人と連帯する会」へ改称


1989年 日本司教総会において「外国人労働者への人権問題への関わり」が日本の教会の福音宣教課題の一つとされる


1992年 社会司教委員会より「国籍を越えた神の国をめざして」が発表され、同司教委員会は日本の教会へ「移動する人々を、キリストにおける兄弟姉妹として迎え入れ、様々な違いと共存できる共同体を作りあげていく努力」を求める。


2001年 日本の司教総会において「日本カトリック国際協力委員会」から現在の「日本カトリック難民移住移動者委員会」へ改称



6.ロゴの説明

 3つの「水玉」は、それぞれ難民・移住者・移動者を、また船は「教会」を表している。共に生きることを表す。



このページのTOPへ

前画面に戻る
お問合せ : jcarm@cbcj.catholic.jp
Copyright 2005 J-CARM