日本語トップページへ  
Japanese
jpn
English
eng
Espanol
esp
Portuguese
pt
Vietnamese
vi
Korean
kor
前画面に戻る メッセージインデックスへ

世界難民移住移動者の日


2011年度 委員会メッセージ




誰も存在しない人にしてはいけない、「一つの人類家族」だから
   さしだされる手 にぎりかえす手 だれとでも

 


 

 今年も「世界難民移住移動者の日」を迎えます。教皇ベネディクト16世は、今年のメッセージのタイトルを「一つの人類家族」としました。世界には異なる文化、さまざまな宗教を持つ人々がいますが、すべての人が、神という人間としての同じ起源と唯一の終局目的を持つ家族として共生していく道を歩むよう呼びかけています。 私たちはこの日を毎年の記念日として思い出しますが、暴力と迫害から逃れてきた難民や強制移民となった人々にとっては、今日をどのように生き延びるかという毎日であることを忘れてはならないでしょう。

  2009年の統計(※1)では、世界でおよそ4,330万人の人が強制移動を余儀なくされ、また自主的に帰還した難民は、ここ20年で最も低い水準にとどまっています。傾向としては、難民の数はほぼ横ばいですが、国内難民はここ数年、飛躍的に多くなってきています。無国籍者は60か国で660万人、しかし推計では1,200万人いるとされています。実は日本でもその数は大変多く、出生届けがどこにも提出されず、法的に「存在しない」子どもたちは、約2万人もいます。それでは、実際には日本にどのくらいの無国籍の人たちがいるのでしょうか。もし日本政府が本当に無国籍者を減らそうと思うなら、法的な配慮をするだけで解決するケースは多くあります。にもかかわらず、こうした人々が同じ状態に置かれ続けているのは、政府の不作為だけでなく、私たちの無関心にも起因しています。教皇のメッセージにあるように、まず私たちの身近に住んでいる難民認定されない絶望的な状況に置かれている人たち、無国籍の状態にいる人たちが私たちの大切な「家族」であることに思いを馳せ、関心を持つことです。その上で何ができるのかを具体的に考えなければ、「世界難民移住移動者の日」は単なる毎年の記念日として通り過ぎるだけです。

  来年7月に「改定入管法」(※2)が実施されます。一つの例ですが、これまでは、たとえビザが切れ、超過滞在の状態になった外国人も、役所で外国人登録をし、行政サポートを受ける対象でしたが、これからは法務省入国管理局による集中管理になることから、それができなくなり、彼らは「存在しない人」となってしまいます。人権を認めないどころか、「存在しない人」を増やしていく法律となっています。改定入管法については、解説の冊子がありますので手に取り、私たちの国は何を実施しようとしているかをしっかり学んで下さい。

 日本で生活している難民・移住者・移動者たちを、「存在しない人」ではなく、私たちの大切な家族として意識の中に、そしてこの社会の中にしっかり位置づける努力をしていきましょう。さしだされた手をにぎりかえし、誰もが「一つの人類家族」としてつながる社会を目指していきましょう。  

 (※1)2009年統計の出典
 国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)のホームページを参考としました。「数字で見る難民情勢(2009年)」は、「Global Trends2009」の統計に 基づいています。  http://www.unhcr.or.jp/ref_unhcr/statistics/index.html
 (※2)改定入管法
 「入管法」とは、「出入国管理及び難民認定法」です。2009年7月、日本 政府は、外国人登録法を廃止し、 新たな在留管理制度と外国籍住民の台帳制 度に再編する入管法・入管特例法・住民基本台帳法の改定法が成立しました。



2011年9月25日              
日本カトリック難民移住移動者委員会委員長
       松浦 悟郎(大阪教区補佐司教)









前画面に戻る メッセージインデックスへ
お問合せ : jcarm@cbcj.catholic.jp
Copyright 2005 J-CARM