日本語トップページへ  
Japanese
jpn
English
eng
Espanol
esp
Portuguese
pt
Vietnamese
vi
Korean
kor
前画面に戻る メッセージインデックスへ

世界難民移住移動者の日


2013年度 委員会メッセージ




「移住者は『信仰と希望の旅』の友」

 


 

 移住者は、そのはじめを期待と不安、そしてある場合には恐怖さえ感じながら一歩を踏み出します。それでも前教皇ベネディクト16世はメッセージの中で、移住を「信仰と希望の旅」と位置づけました。そうならなければならないという意味を込めているのでしょう。 移住が希望となるためには、「神はご自分の子どもを決して見捨てることはない」という信仰と、「困難に直面しながらも新しく開かれた人間関係を体験すること」が大切です。そのためにも、受け入れる側の教会は移住者と共に生きる共同体にならなくてはいけません。この歩みの中で私たちはお互いに、人生における同じ「信仰と希望」の旅を共にする友となっていくのです。  



2013年9月22日              
日本カトリック難民移住移動者委員会委員長
       松浦 悟郎(大阪教区補佐司教)


多言語翻訳(英語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、韓国語、タガログ語)







前画面に戻る メッセージインデックスへ
お問合せ : jcarm@cbcj.catholic.jp
Copyright 2005 J-CARM